「電源容量が足りない」「他社回線が引き込めない」「スタッフの技術レベルが低くて話にならない」そんな不満を解消します。

既存のデータセンターに満足できないユーザが求めていたデータセンター。私たちは「アドバンスドデータセンター(AiDC)」として、その不満を解消し、お客様に価値を提供します。ビーコンエヌシーは2008年10月にアンカーテクノロジーからデータセンター事業を譲渡されて生まれた会社です。私たちはWEB制作やモバイルと、インフラをワンストップで対応できる技術力をお客様に提供して参りました。一方で、データセンター事業者の支援、地域ISPやCATV、商用IXの支援など日本のインターネットインフラの発展に、コンサルティングという形で数多く支援をおこなって参りました。
「AiDC」は、ビーコンエヌシーが、今まで培ってきた技術と経験を集約し、自分たちの手で造りあげた、まさに'ユーザの理想'が具現化したデータセンターであります。

ビーコンエヌシー
キャンペーンサイトに特化したクラウド型サーバホスティングサービス

「鮮度が勝負のwebキャンペーンにちょうどいいインフラが、ここにあります。」

①契約期間3ヶ月~で、スポット型キャンペーンでも安心。
たんきかんのwebキャンペーンのために、使わないWebサーバを長期契約していませんか? 弊社サービスは、契約期間3ヶ月から。期間限定キャンペーンサイト用にも安心して ご利用頂けます。

②安心してお任せいただける設備と運用体制
サーバを運用している弊社事業所は、情報セキュリティの国際規格であるISO27001認証取得済み。金融機関も認めた高い信頼性を誇るデータセンタ設備と、高い技術力を誇るエンジニアによる24時間365日監視体制により安心してお任せください。

③集客&顧客化支援のオプションも充実
Webキャンペーンの成功は、キャンペーンサイトへの集客と、キャンペーンサイトをキッカケとした顧客化の2つに付きます。 集客のための「SEO」「ブロガーによるアクセス誘導」、顧客化のための「メール配信」ソリューションもあわせてご提供可能です。

クラウドホスティング
キャンペーンサイトに特化したクラウド型サーバホスティングサービス

「鮮度が勝負のwebキャンペーンにちょうどいいインフラが、ここにあります。」

①契約期間3ヶ月~で、スポット型キャンペーンでも安心。
たんきかんのwebキャンペーンのために、使わないWebサーバを長期契約していませんか? 弊社サービスは、契約期間3ヶ月から。期間限定キャンペーンサイト用にも安心して ご利用頂けます。

②安心してお任せいただける設備と運用体制
サーバを運用している弊社事業所は、情報セキュリティの国際規格であるISO27001認証取得済み。金融機関も認めた高い信頼性を誇るデータセンタ設備と、高い技術力を誇るエンジニアによる24時間365日監視体制により安心してお任せください。

③集客&顧客化支援のオプションも充実
Webキャンペーンの成功は、キャンペーンサイトへの集客と、キャンペーンサイトをキッカケとした顧客化の2つに付きます。 弊社では、集客のための「SEO」「ブロガーによるアクセス誘導」、顧客化のための「メール配信」ソリューションもあわせてご提供可能です。

クラウドホスティング
ビーコンエヌシーのデータセンターは3つのポイントで次世代データセンターを提供する

1.ラックあたりの収容サーバ数が増大した場合でも、計画拡張が容易で、TCO的に優位である
2.サーバの快適な稼働の基本となる、温湿度管理が徹底している
3.24時間365日、オペレーターではなく、エンジニアが対応できる運営・保守体制である

1.NW運用の実績(障害を起こさせない・起きた際の迅速な処理)を駆使したフルマネージド・フルアウトソーソングの保守・運用
高度な技術を要するインターネットのコンサル・開発・運用経験を基にサーバ保守からネットワーク運用・システム保守までをワンストップ24時間365日で対応します。常に障害の原因を取り除く提案を行い、障害時には切り分けから原因究明まで全てを迅速に対応します。


2.1ラックで2ラック分の拡張が可能な8kVAの大電源容量
東京電力の主力変電所に隣接しているため、1ラックで4~8kVAの豊富な供給電力の安定供給を実現しています。30台のサーバを1ラックで運用できるため、サーバの増設などの拡張が容易で、将来的なコストも削減可能です。 空調設備に関しても、今後も高密度化していくサーバの快適な運用に対応するため、最大供給電力を想定した設備を用意しています。

3.震災時にもお客様へのサービスを止めない世界最高水準の免震性能
「AiDC」が位置しているのは、日本でも屈指の免震システムを備えた免震構造のビル内部にあります。阪神淡路大震災クラスの地震発生時にもサーバを守ることができます。また、コンサルティングの実績を生かして遠隔地域のデータセンターと提携し、万が一の事態に際してもお客様のビジネスを止めない仕組みを提案することが可能です。

次世代データセンター
クラウド型のホスティングサーバが人気ですが、
ビーコンエヌシーではハイブリット型のクラウドサービスをリリース。
物理サーバ、仮想サーバを柔軟に組み合わせることが可能で、
仮想化時代の最新の技術の粋が詰まったサービスです。

非常に低価格で始められ、短納期、スケールアウトも非常に容易な
最新サービスです。


クラウドホスティング
13.gif ordermaide.gif

東京・関東のデータセンター

| No Comments | No TrackBacks
データセンターを選ぶ際のポイント

①電源の拡張性
②サポート
③立地・免震

①の電源はいうまでもなく、1ラックに対して
何Aまで拡張可能かということでコストが変わってくる。
2000年前後に設計されたデータセンターでは サーバを追加して行く際に電源が足りませんと
言われるたびにラックを追加する必要があった。
実際中身はスカスカなのに、電源不足・空調装置の不備など
コストばかりがかさむ。

電源を豊富に拡張できるデータセンターは実は都内に2、3箇所しかない。

データセンター

②のサポートは誰もが実感していること。
どんな簡単なことでも、対応するスタッフの技術レベルや
細かなことで融通がきかないセンターではビジネスに支障がでます。

③立地・免震
東京・関東で①②を最低条件とみたし、
あとはハードとしての施設がどうなのか。
実際にSEのかけつけが可能なのか?
耐震ではなく、しっかりとした免震設備であるのか?
そういった細かなところまで納得のいく
説明があるセンターを選ぶ必要がある。

IPv6にまつわるまとめサイト

| No Comments | No TrackBacks

東京の最新データセンター

データセンターの良し悪しは、SEが現在困っている状況で様々ありますよね。

 

2007年以降非常に多いのが電源問題です。

 

このブログではまずは電源設備に重点をあてて

 

データセンターを徹底比較していきます。